« 咲-saki-全国編 第5局「神鬼」 | トップページ | キルラキル KILL la KILL 第十七話「何故にお前は」 »

2014年2月 5日 (水)

TRICK-トリック-劇場版 ラストステージ 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

自称売れっ子美人マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)の元に『超美人天才マジシャン/決死の大脱出』という企画が持ち込まれました。
しかもギャラは30万という高額で、奈緒子は平静を装いながらも仕事を承諾する。
だが、当日舞台へと案内された奈緒子は脱出の仕掛けが用意されていないと知って大慌て。
司会者(ゴルゴ松本)とスタッフ(レッド吉田)はそんな事などお構いなしに彼女をステージへと連れて箱の中へと押し込んでしまう。
焦りながらなんとか脱出しようとする奈緒子だが、ついに爆発の時が迫ってくるが、爆発の瞬間、足元が開いて奈緒子は水中へと落下。
そこには「ドッキリ大成功」のプラカードを持った水中レポーター(小島よしお)がいた。

1908年にロシアで起こったツングースカ大爆発の謎とされる原因について講義を終えた後、物理学者・上田次郎(阿部寛)がジムでトレーニングをしていると、横に座った男性も同じトレーニングをして上田はそれに張り合うようにトレーニングをする。
彼、加賀美慎一(東山紀之)は村上商事の社員で、上田に仕事の依頼でやってきたのだ。
村上商事のオフィスにやってきた上田は加賀美の上司、有田雄一(石丸謙二郎)を紹介される。
実は彼らは東南アジアにある赤道スンガイ共和国のある土地にレアアースの存在を発見し、その発掘権を得ていたものの、その土地に住む部族が土地を離れようとしないため困っていたのだ。彼らは“ボノイズンミ”と呼ばれる呪術師(水島希子)の土地を離れてはいけないという言葉を信じて疑おうとはしていなかった。
そうした状況に業を煮やした彼らは手荒な手段を講じたが、有田は呪術師に死の呪いを掛けられてしまった。
その期限が今日なのだという。
上田に呪術師のインチキを暴いて信用を失墜させ、部族に立ち退きを承諾させたいと考えていた彼らだったが、説明を終えた直後、有田が苦しみだして絶命してしまう。

ドッキリに騙された奈緒子がボロアパートの『池田荘』に戻ると、大家の池田ハル(大島蓉子)やその夫のジャーミー(アベティン)たち池田荘の住人が奈緒子のドッキリを見て大笑いしていた。ハルは奈緒子が大きな仕事の報酬で滞納している家賃を払うと言っていた事を思い出し、それがこのドッキリのことなのではと気づいて家賃取立てへと向かう。
ハルたちの目を盗んで部屋へと戻った奈緒子のところへ、上田から電話が掛ってきた。
奈緒子のドッキリを見た上田は全国に恥をかかされて日本に居場所がない奈緒子を海外旅行へと連れて行ってやると言葉巧みにだまして、赤道スンガイ共和国へと連れて行くことを同意させる。
上田は奈緒子の母・山田里見(野際陽子)にも根回し済みだった。

そして出発日当日、空港には加賀美の妻子が見送りに来ていた。
娘の加賀美あずさ(藤井杏奈)は不治の病に掛っていたが、とある意思に見せたところ回復しており、今でもその医師の教えてくれたおまじないを信じていた。
呪術師との対決を知らないまま赤道スンガイ共和国へと連れてこられた奈緒子は、もちろん希望する観光などには連れて行ってもらえない。
現地で工事を請け負う川島治道(中村育二)や医師の谷岡将史(北村一輝)と共に現地へと向かうことになる。
川島は今回の仕事が失敗すれば、自分たちの会社の社員たちも露頭に迷うと、話し合いで解決を望む加賀美の意に反して武器弾薬を用意していた。
谷岡は科学や医学よりも呪術師を信じていることを嘆き、その結果集落で流行した感染病を食い止められなかったことを後悔していた。

途中にある村へ立ち寄った彼らは、そこで現地スタッフの山本支社長(吉田健太郎)と面会するも、山本はすっかり呪術師を信用するようになっており彼らとは同行できないと主張する。
山本は集落でかつて謎の空中爆発が起こったことを説明すると、上田はそれがツングースカ大爆発と類似していることに気づく。
奈緒子は退屈しのぎに村を歩き回り、村の住民とコミュニケーションを取る中で現地語をわずかながらも覚えていくが、この村には有田の事件の調査に東京から矢部謙三(生瀬勝久)と秋葉原人(池田鉄洋)がやってきていた。
被り物を外さないといけない神聖なる場所をカツラを着けたまま通ろうとした矢部は、村人によって監禁されていたが、何でも一つだけいう事を聞くという交換条件で奈緒子に助けてもらい、彼女らと共に原住民たちの住む集落へと向かうことになる。

しかしその道中、上田が体調不良に陥る。彼の背中には何かに刺されたような大きな腫物が出来て高熱が治まらない。
谷岡が抗生物質を投与するも、状態に改善の兆しがみられないまま目的地へと到着した。
すると、彼らを待ち受けていた原住民たちは呪術師の指示で彼らの中に病院がいるはずであるから、連れてくるようにとの指示を受けている事を伝える。
一行は懐疑的ながらも上田を呪術師の下へと運んで託して宿舎へと戻ることにするが、奈緒子だけは上田を心配して呪術師のいる洞窟の入り口で待つ事になった。

宿舎へと戻った川島はライフルを手に発掘現場の様子を見に行くが、そこは原住民たちによって破壊されてしまっていた。
憤る彼は、そこで施設わ荒らす青年を発見すると、怒りに任せてライフルで射殺してしまう。

その夜、奈緒子は集落の上空で謎の爆発が起こる夢にうなされる。

翌朝、上田は腫れも無くなり熱もすっかり引いて元気になっていた。
入口で眠っていた奈緒子を叩き起こして宿舎へと戻った彼らは、加賀美の用意した朝食を食べることにするが、川島のごはんの中に金属片が混ざっており口の中を怪我してしまう。
幸いにも傷以外には何もなかったが、原住民たちの仕業だとますます怒る川島。

そんな彼らを原住民たちが呪術師が呼んでいるとやってくる。
人々の目の前で毒蛇から抽出した毒を飲んでみせる呪術師。
呪術師は彼らの中に昨日、同朋を殺害した者が存在していると告げ、その者に罰を与えると宣告する。
そして用意した水を全員に順番に飲ませていくが、最後に飲んだ川島が苦しみ悶えて絶命してしまった。

驚きの隠せない一行は宿舎へと帰るが、矢部はこんな場所にいてられないと秋葉と共に船で脱出を試みるも、船はあえなく座礁してしまう。

絶対に何かトリックがあるはずだと考える山田と上田は、呪術師が水に蛇の毒を混ぜていた事、蛇の毒は血液中に入らなければ致死には至らないため飲んでも死なない事、川島が朝食の時には口を怪我していたためその傷口から毒が入って死んだ事を見破る。

その夜、みんなが寝静まってからライフルを持ってこっそりと抜け出した谷岡は、呪術師のいる洞窟へと向かう。
そして洞窟で祈りをあげていた呪術師を背後から狙撃して逃走する。
だが、その最中、彼に襲い掛かるものがあった。

翌朝、またも昨日と同じ空で爆発が起こる夢にうなされて目を覚ました奈緒子。
その事を上田に相談してみるも、上田はさして問題視していなかった。

谷岡の姿が無い事を気に掛ける奈緒子たちだが、またも呪術師から呼び出しを受ける。
洞窟へと足を運んだ彼女らに、呪術師は水しか入っていない水槽の中から谷岡の腕を取り出してみせた。
更に原住民から救出されて宿舎へと戻る途中だった矢部たちが、片腕を切り落とされて死んでいる谷岡を発見する。

谷岡の死に呪術師のしている事は殺人だと怒る奈緒子は単身呪術師の下へ向かう。そして彼女がやってのけたトリックはガラスを使ったものだとあばくも、呪術師はガラスは水に入れても消えることはないと、彼女の説明が間違っていることを指摘する。
更に奈緒子には自分と同じシャーマンの血が流れており、自分と同じく爆発の夢を見ているはずであると、過去の爆発の様子を描いた洞窟の壁画を見せる。
そこに腕を骨折した原住民の子供が治療のために連れてこられ、その様子を見ていた奈緒子はある真実に辿り着く……

・キャスト
山田奈緒子:仲間由紀恵
上田次郎:阿部寛
矢部謙三:生瀬勝久
山田里見:野際陽子
秋葉原人:池田鉄洋
加賀美慎一:東山紀之
有田雄一:石丸謙二郎
谷岡将史:北村一輝
川島治道:中村育二
呪術師“ボノイズンミ”:水島希子
加賀美麗子:遠野あすか
加賀美あずさ:藤井杏奈
山本支社長:吉田健太郎
池田ハル:大島蓉子
ジャーミー:アベティン
照喜名保:瀬戸陽一朗
御手洗未来:畠山彩名

 

司会者:ゴルゴ松本
スタッフ:レッド吉田
水中レポーター:小島よしお
ナレーター:森山周一郎
村上商事・会長:村上ショージ
スガイ=キン:菅井きん(写真出演)
ダチョウ倶楽部


 【感想】

TRICK劇場版の完結編として送り出された本作。
序盤で出てくる書道教室の書道では、もしかしたらまた新作を作るかも、という含みも持たせていますが……ただ仲間由紀恵の事務所は役者に特定の役のイメージが付くのを嫌うので、シリーズを続けるのが嫌らしいからなぁ。

ノリは健在です。
謎解きは例のごとく山田と上田が互いの不足箇所を補いながら解いていくという手法。
新作SPや外伝、過去シリーズに関係するネタも各所へ散りばめられています。

加賀美が内通者なんだろう、という事はかなり序盤から気付けますよね。
たぶんスタッフもほとんど隠すつもりはないんだろうけど。

個人的には上田と加賀美の格闘戦とかあるかと期待してみたんだけどなかったね。
上田が戦うシーンがないのも珍しいかも。

赤道スンガイ共和国の「お母様」は1stシーズンで登場した霧島澄子なんだよね。
なんで山田たちは彼女の肖像画を見て何も思わないんだろう。

いつもは現地に何らかの理由で現れる里見も、今回は海外という事もあってか現れず。
ただ奈緒子のピンチは感じとって祈りをあげてますね。

スピンオフの矢部謙三2で登場した御手洗未来がゲスト出演していますね。
そういや、矢部は秋葉にもヅラであることは隠していた(つもり)だったと思うんだけど、今回は秋葉には知られているのを知っているようになってるな。どこでそうなったんだっけ。

爆発シーンでは、山田が落下しているので、序盤のドッキリシーンと同じネタである事が判りますが、どういう経緯で南国へ流れ着いたのかは不明。地下水脈か何かがあって、海へと流れ出たのかな。
記憶喪失になっていたところを、矢部達が命令で出向いた時に記憶を取り戻したという事なんだろうけど、その辺の経緯については触れられていません。
DVDなどになったら映像特典とかで判明したりするのかな。
人によっては本当は死んでいて、アレは幽霊という解釈をしている人もいたみたいだけど。

ラストはもちろんフィーディニーを絡めて、劇場版らしく山田と上田の信頼関係みたいなものが描かれました。
昔の映像で見るとやっぱり仲間由紀恵は若いなぁ。結構長く続いたシリーズだもんな。

個人的評価:70点

■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さいアップ

映画 感想 レビュー

|

« 咲-saki-全国編 第5局「神鬼」 | トップページ | キルラキル KILL la KILL 第十七話「何故にお前は」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528088/59073490

この記事へのトラックバック一覧です: TRICK-トリック-劇場版 ラストステージ 感想(ネタバレあり):

» 映画『トリック劇場版 ラストステージ』観たよ〜 [よくばりアンテナ]
とうとうホントに最後っていうことらしいですね(; ^ω^) なんだか寂しい。 ストーリーは相変わらずのトリックらしい雰囲気でした。 ついでに、昨日のドラマ版の新作スペシャルもチープなトリックらしさが良かったw 詳しくは公式HP 最初で最後の海外ロケはマレーシアだったそうで、 元気だけど妖しげな雰囲気はトリックにピッタリでした。 秘境でレアアースを採掘したい会社は村上...... [続きを読む]

受信: 2014年2月 5日 (水) 06時51分

» 『トリック劇場版 ラストステージ』 霊能力者の正体とは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  「われわれも、そしてきっと皆さんもモヤモヤしていたドラマのテーマ性の部分に、そろそろ決着をつけてもいいのではないかと思ったのです。」  山内章弘プロデューサーはこう語った。  「霊能力なんか信じないという人も、お正月には初詣でに行ったりはしますよね」  「われわれも『トリック』みたいな作品をやっていて何ですが(笑)、おはらいをやったりする。でも、それが人間だ...... [続きを読む]

受信: 2014年2月 5日 (水) 08時56分

» トリック劇場版 ラストステージ [Akira's VOICE]
ビッグバンから何かが始まる!   [続きを読む]

受信: 2014年2月 5日 (水) 09時42分

» トリック劇場版 ラストステージ [佐藤秀の徒然幻視録]
山田は原点の貞子に帰る 公式サイト。堤幸彦監督、仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子、東山紀之、北村一輝、水原希子、中村育二、石丸謙二郎、池田鉄洋、吉田鋼太郎。「TRICK ... [続きを読む]

受信: 2014年2月 5日 (水) 10時13分

» 「トリック劇場版 ラストステージ」:遂にフィナーレ [大江戸時夫の東京温度]
14年にわたった『トリック』もいよいよラストですか。『トリック劇場版 ラストステ [続きを読む]

受信: 2014年2月 5日 (水) 21時30分

» 映画:「TRICK劇場版 ラストステージ」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成26年1月16日(木)。 映画:「TRICK劇場版 ラストステージ」。 監  督:堤幸彦 脚  本:蒔田光治 音  楽:辻陽 キャスト: 山田奈緒子:仲間由紀恵・上田次郎:阿部寛 矢部謙三:生瀬勝久・山田里見:野際陽子 加賀美慎一:東山紀之・谷岡…... [続きを読む]

受信: 2014年2月 6日 (木) 10時05分

» 映画「トリック劇場版 ラストステージ」レビュー (仲間由紀恵、大脱出マジック!最後の賭け) [翼のインサイト競馬予想]
映画「トリック劇場版 ラストステージ」を見てきたのでレビュー記事を書いてみたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2014年2月 6日 (木) 16時42分

» トリック劇場版 ラストステージ [勝手に映画評]
13年半にもわたったTRICKの最終作品。最終作品ということもあり、テーマ曲が初心に帰って、鬼束ちひろの『月光』が使われている。 ・・・、こんな事は言いたくないんですが、ぶっちゃけ、イマイチ。トリックの良いところは、オチャラケた中にも、きちんと“トリック”が...... [続きを読む]

受信: 2014年2月 6日 (木) 22時28分

« 咲-saki-全国編 第5局「神鬼」 | トップページ | キルラキル KILL la KILL 第十七話「何故にお前は」 »