映画・テレビ

2014年3月 6日 (木)

劇場版 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

海明星(うみのあけほし)に住む高校1年生の加藤茉莉香は、父親の跡を継いで私掠船免状を持つ宇宙海賊船・弁天丸の船長となり、女子高生兼宇宙海賊船船長としての生活を送っていた。

少年・無限彼方のもとに死んだ父・無限博士からある贈り物が届けられていた。
それ以来、無限博士の遺産を狙う男たちから狙われる彼方は父親から届けられた銀河パスを使ってとある宇宙船へと乗り込む。

白凰女学院は春休みを迎えていた。
部員の減少に悩むヨット部はここでアピールして翌年の部員獲得をしようと燃えていた。
その日の準備を終えて海賊稼業へと向かう茉莉香だが、ここのところ亜空間航路が不安定となっており、仕事の依頼が直前でキャンセルされてしまう。
代わって保険組合のショウから提示された仕事は、元ヨット部の先輩ジェニー・ドリトルの経営する星間旅行会社『フェアリー・ジェーン』の営業だった。
茉莉香は乗員の名簿に彼方の名前を見つけだすと、彼を誘拐するというアドリブを提案して承諾を受ける。

続きを読む "劇場版 モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵- 感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年3月 4日 (火)

キック・アス ジャスティス・フォーエバー 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

キック・アスの活躍以降、彼を真似たコスチューム姿の素人ヒーローたちが世間には溢れかえっていた。
そんな中、当のキック・アスであるデヴィッド・リゼウスキ(アーロン・テイラー=ジョンソン)はヒーローを止めて、友人のマーティ・アイゼンバーグ(クラーク・デューク)やトッド・ハインズ(オーガスタス・プリュー)と普通の高校生活を送っていた。

一方、ヒット・ガールとしてキック・アスを助けた少女ミンディ・マクレイディ(クロエ・グレース・モレッツ)は、叔父の刑事マーカス・ウィリアムズ(モリス・チェストナット)の保護下で生活していた。
マーカスの前では毎日学校へ通う優等生を演じていたが、学校ではイジメからなじむことが出来ず、高校のサーバーをハッキングで無欠席扱いにして、毎日トレーニングに励んでいた。

普通の高校生活に物足りなさを感じ始めていたデイヴは、本物のヒーローになるため、ミンディに自分の相棒になってくれるように頼み、彼女に特訓をつけてもらう。
そうした日々の中、学校からの連絡でミンディが学校へ通っていない事がマーカスにバレてしまい、ヒット・ガールをしているのではないかと疑われるも、デイヴに好かれたくて学校をサボって彼に付き合っているという嘘を吐く。

続きを読む "キック・アス ジャスティス・フォーエバー 感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

特殊能力者NEXT。様々な力を持つ彼らの中で、スポンサーロゴを背負い犯罪者と戦うヒーローたちが存在していた。
シュテルンビルトでは七大企業によりヒーローたちが運営されていた。
その中の一つ、アポロンメディアにてコンビヒーローとして活躍していた《正義の壊し屋》ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹によってハンドレッドパワーが能力減退によって1分間のみしか使えなくなった。
これを切っ掛けにして引退した虎鉄。
彼の相棒《スーパールーキー》バーナビー・ブルックスJr.もまた両親の敵であったアルバート・マーベリックを逮捕したことにより、ヒーローを続ける意味を失って引退してしまった。
だが、その後虎鉄は軽犯罪を取り扱う二部リーグで活動を再開。そんな彼の姿に、バーナビーもパートナーとして復活していた。

マーベリックの逮捕によって経営の苦しくなっていたアポロンメディアは、IT企業を経営するカリスマ経営者マーク・シュナイダーによって買い取られていた。
新オーナーとなったマークは秘書のヴィルギル・ディングフェルダーと共に、アポロンメディアの事業内容を検討する。
その中の一つ、ヒーロー事業部はアレキサンダー・ロイズとベン・ジャクソンが説明に出ていた。ヒーロー事業部は好調ながらも、彼らの参加にある二人のヒーローは二部リーグとして赤字続きであった。

続きを読む "劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising- 感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2014年2月 7日 (金)

マイティ・ソー/ダーク・ワールド | Thor:The Dark World  感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

かつて9つの世界が誕生する以前、世界には闇の世界スヴァルトヘイムが存在し、闇の軍団(ダークエルフ)が存在していた。
強大な力を持つ闇の力エーテルを使う彼らに、アスガルドの王ボー(トニー・カラン)は軍を率いて戦いを挑むと、ダークエルフの支配者マレキス(クリストファー・エクルストン)がその力を使うのを阻止して勝利を治める。
そしてマレキスは倒され、エーテルは消滅した、と伝えられた。
だが、マレキスは部下と共に再起を誓って身を潜め、エーテルもまた強大過ぎる力故にボーは誰の目も届かない世界の狭間の奥深くへと封印した。

アベンジャーズのNYでの戦いから1年。
捕らわれの身となったロキ(トム・ヒドルストン)を案じる母フリッガ(レネ・ルッソ)。
罪など犯していないと嘯くロキに対して、アスガルドの王オーディン(アンソニー・ホプキンス)は女王フリッガに免じて命は捕らないも、生涯牢に幽閉する事を宣告する。
その頃、ソー(クリス・ヘムズワース)はビフレストの破壊により乱れた9つの世界に平和を取り戻すために、シフ(ジェイミー・アレクサンダー)とホーガン(浅野忠信)らウォリアーズ・スリーと共に戦いを繰り広げ、遂に世界に平和を取り戻した。
だが、彼に王位を継がせようと考えているオーディンは、彼の妃として幼馴染のシフを考えていたが、ソーの心には地球にいる恋人ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)が未だに住んでいた。

続きを読む "マイティ・ソー/ダーク・ワールド | Thor:The Dark World  感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

TRICK-トリック-劇場版 ラストステージ 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

自称売れっ子美人マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)の元に『超美人天才マジシャン/決死の大脱出』という企画が持ち込まれました。
しかもギャラは30万という高額で、奈緒子は平静を装いながらも仕事を承諾する。
だが、当日舞台へと案内された奈緒子は脱出の仕掛けが用意されていないと知って大慌て。
司会者(ゴルゴ松本)とスタッフ(レッド吉田)はそんな事などお構いなしに彼女をステージへと連れて箱の中へと押し込んでしまう。
焦りながらなんとか脱出しようとする奈緒子だが、ついに爆発の時が迫ってくるが、爆発の瞬間、足元が開いて奈緒子は水中へと落下。
そこには「ドッキリ大成功」のプラカードを持った水中レポーター(小島よしお)がいた。

1908年にロシアで起こったツングースカ大爆発の謎とされる原因について講義を終えた後、物理学者・上田次郎(阿部寛)がジムでトレーニングをしていると、横に座った男性も同じトレーニングをして上田はそれに張り合うようにトレーニングをする。
彼、加賀美慎一(東山紀之)は村上商事の社員で、上田に仕事の依頼でやってきたのだ。
村上商事のオフィスにやってきた上田は加賀美の上司、有田雄一(石丸謙二郎)を紹介される。
実は彼らは東南アジアにある赤道スンガイ共和国のある土地にレアアースの存在を発見し、その発掘権を得ていたものの、その土地に住む部族が土地を離れようとしないため困っていたのだ。彼らは“ボノイズンミ”と呼ばれる呪術師(水島希子)の土地を離れてはいけないという言葉を信じて疑おうとはしていなかった。
そうした状況に業を煮やした彼らは手荒な手段を講じたが、有田は呪術師に死の呪いを掛けられてしまった。
その期限が今日なのだという。
上田に呪術師のインチキを暴いて信用を失墜させ、部族に立ち退きを承諾させたいと考えていた彼らだったが、説明を終えた直後、有田が苦しみだして絶命してしまう。

続きを読む "TRICK-トリック-劇場版 ラストステージ 感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2014年2月 3日 (月)

ヌイグルマーZ 感想(ネタバレあり)

 【ストーリー】

東京のとある町。
一人の少女の誕生日を家族でお祝いしていました。
少女は両親からプレゼントされたピンクのテディベアに大喜び。でも実は、そのテディベアは道で拾ったものというのは内緒です。
ケーキでお祝いしようとしたその時です、なんと家の中にゾンビが現れて襲いかかってきました。両親はあっという間にゾンビたちの餌食になってしまい、少女はテディベアを抱えて必死に逃げましたが、庭でついに追いつかれてしまいました。
するとそにロリータファッションの女性(中川翔子)が現れました。実はピンクのテディベアは彼女の持ち物で探していたのです。しかもテディベアはただのぬいぐるみではなく、なんとしゃべって動くではありませんか。
少女はテディベアを守ってくれたお礼を言うと、テディベアを抱きしめてピンクの戦士ヌイグルマーへと変身、次々とゾンビ達を倒してしまいました。
ゾンビたちが撤退した後、女性は少女にこの世界にゾンビがあふれ出した秘密を語ることにしました。

続きを読む "ヌイグルマーZ 感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2013年12月 3日 (火)

REDリターンズ/RED2 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

元CIAの凄腕エージェント、フランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)は若い恋人サラ・ロス(メアリー=ルイーズ・パーカー)と幸せな生活を送っていた。
そこにフランクの元相棒マーヴィン・ボッグス(ジョン・マルコヴィッチ)がやってきて、自分たちは狙われていると協力を要請してくる。
フランクは自分はもう引退した身だと彼の要求を拒むが、彼の目の前でマーヴィンの乗る車が爆破されてしまう。

マーヴィンの葬儀でも彼の死を受け入れられないフランクは、何時もの手だと死んだふりをしているはずと疑い、彼の遺体の手を針で突くもマーヴィンは全く反応せず、彼の死を実感してしまう。
悲しみに暮れるフランクは自分の身の危険を感じとり、サラに自分と離れて身を隠すように指示する。だが、フランクはFBI捜査官によって連行されてしまう。

FBIの取り調べを受けていたフランクだが、FBI本部へと弁護士に偽装したCIA捜査官ジャック・ホートン(ニール・マクドノー)が部下を引き連れて襲撃してくる。
FBIの職員たちは瞬く間に殺害されるも、フランクは戦術を駆使して彼らを倒していくも、あと一歩のところで窮地に立たされてしまう。だが、そんなフランクを助けたのは死んだはずのマーヴィンだった。
サラもフランクの指示に従わず、マーヴィンと行動を共にしてフランクと共に逃走を図る。

続きを読む "REDリターンズ/RED2 レビュー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2013年11月 5日 (火)

陽だまりの彼女 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

小学生の奥田浩介(柴崎楽)は家族と共にやってきた江の島で迷子となってしまうが、そこで一匹の子猫を助ける。
しかし子猫は突如逃げ出すと、とある女性のところへと辿り着いた。

交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(松本潤)は鉄道好きの冴えない青年。
先輩営業マンである田中進(大倉孝二)と共に向かった新規のクライアントであるランジェリー・メーカー「ララ・オロール」との初の打ち合わせの場で、広報部長・梶尾玲子(とよた真帆)らと挨拶をしている中、遅れて現れた担当の渡来真緒(上野樹里)を目にして浩介はびっくりする。
彼女は浩介の中学時代のクラスメイトだったのだ。
美しく、しかも仕事もバリバリ出来る聡明な女性に成長した真緒に更に驚かされる浩介だが、先輩の田中の目から見ても同僚の新藤春樹(玉山鉄二)と付き合っているように見えた。

浩介の家に昨夜勝手に泊りに来た弟の奥田翔太(菅田将暉)は、兄が恋愛チェックなどをしていた事をからかいながらも、美人に成長した真緒と再会したことを知るとデートに誘うように進める。しかし、相手があの「マーガリン事件」の真緒では難しいかと告げる。

続きを読む "陽だまりの彼女 レビュー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】

鹿目まどか、美樹さやか、佐倉杏子、巴マミの4人は魔法少女となり、人知れずナイトメアと呼ばれる怪物と戦って見滝原市の平和を守っていた。
そんな彼女たちの通う学校へ、暁美ほむらが転校してくる。ほむらもまた魔法少女の1人であり、昨晩の戦いに巴マミと共に戦っていたのだ。

ほむらも加わり、より確実な戦いを繰り広げることが出来るようになったまどかたち。
捕らえたナイトメアを最後はマミのパートナーであるベベが喰らって倒し、ナイトメアに取り込まれた人たちを救い出す。
上条恭介との関係で悩んでナイトメアに取り込まれていた志筑仁美も、彼女たちの活躍で無事救出される。

そんな日々の中、ほむらは微妙な違和感を感じるようになっていた。
ほむらは自分の中にある印象と大きく異なっている杏子に相談を持ちかける。
隣町で戦っていたが、町が平和となったため、この町にやってきてさやかの家に居候しながら戦っているという杏子。そんな杏子が以前に住んでいた隣町へとバスで向かうことにした二人。
だが、バスは何度試しても隣町へとは向かわない。
二人は徒歩で向かってみるも、どうしても隣町へは辿り着く事が出来ず、杏子も自分たちに起きている違和感を実感する。
ほむらは自分たちをこの世界に閉じこめた存在は、今まで自分たちに手出ししてこなかった事から、今の生活を送っている限りは安全であると杏子に何も気付かないフリを続けるように頼む。
同時に、ほむらは自分の失っていた記憶を取り戻す。

続きを読む "劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語 レビュー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2013年10月 3日 (木)

謝罪の王様 レビュー(ネタバレあり)

黒島譲(阿部サダヲ)はあらゆることの謝罪を行う東京謝罪センター所長
彼は日本古来の謝罪方法である土下座はあらゆる場面で有効であるが、CMで土下座を超える謝罪が存在すると語る。

case 1 倉持典子の場合
黒島に依頼に来たのは司法書士を目指している帰国子女の倉持典子(井上真央)。
アメリカではとりあえず謝るのは危険であるという考えの持ち主だった。
そんな彼女が車を運転中、交差点で前の車が詰まったことで、横断歩道の上に止まってしまい、歩行者たちから白い眼で見て下がるように言われた。しかしすぐに下がらずに自分が悪いのかを考えた後に、車をバックさせた彼女だったが、ちょうど後方から暴力団の小磯一家の車がきていて、その上に乗りあげてしまう。
怒り心頭の組員たちに取り囲まれる典子だが、それでも自分が悪いかどうかを考え、アクセルを踏んで車を前に走らせたことで幹部の黄村家朗(中野英雄)の車は更に破損してしまった。
黄村の屋敷へ連れて行かれた典子は、運転手(松尾諭)が指を詰めさせられそうになって、初めて「なんか、すみません」と謝罪した。
しかも弁護士の高幡(六角精児)からは呼んでも判らないから読まずに署名しろと、車の修理代400万円を磯一家に借金し、大阪のヘルスで働いて返済するというの誓約書に署名させられてしまった。

続きを読む "謝罪の王様 レビュー(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Aチャンネル | BLOOD | BTOOOM! | DOG DAYS -ドッグデイズ- | TARI TARI | TIGER & BUNNY | To LOVEる -とらぶる- | WORKING!! | あそびにいくヨ! | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | げんしけん | ささみさん@がんばらない | さよなら絶望先生 | そふてにっ | たまこまーけっと | たまゆら | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | まりあ†ほりっく | みなみけ | めだかボックス | アクエリオン | アニメ・コミック | アマガミ | エウレカセブン | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | サーバント×サービス | スーパーヒーロータイム | セキレイ | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | テガミバチ | デビルサバイバー | デュラララ!! | バスカッシュ!-BASQUASH!- | フォトカノ | フリージング | ベン・トー | マリア様がみてる | ロザリオとバンパイア | 一騎当千 | 乃木坂春香の秘密 | 侵略!イカ娘 | 刀語 | 化物語 | 咲-Saki- | 境界線上のホライゾン | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD | 宙のまにまに | 映画・テレビ | 涼宮ハルヒの憂鬱  | 狼と香辛料 | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ | 百花繚乱 サムライガールズ | 真・恋姫†無双 | 真剣で私に恋しなさい! | 神のみぞ知るセカイ | 神様ドォルズ | 聖痕のクェイサー | 聖闘士星矢Ω | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 薄桜鬼 | 輪るピングドラム | 閃乱カグラ | 音楽 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア