境界線上のホライゾン

2012年9月30日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終回)「境渡りの欲深き者達」

アルマダ海戦終局を前にして、三征西班牙(トレスエスパニア)は機砲を武蔵に放って撤退しようとしていました。

武神に撃墜されたマルゴット・ナイトを助けたのはマルガ・ナルゼ。
久しぶりのツヴァイ・フローレンはパワーアップしています。
二人は機砲の撃墜に成功。
パワーアップの変わりに極端に燃費が悪くなっているようだ。

三征西班牙の仕掛けていた罠を辛うじて回避した武蔵ですが、艦隊残骸を回収して撤退を成功したと主張するか、英国艦隊に撤退艦隊を交代してもらうしか手段が無くなる。
しかしどちらにしても武蔵には不利な状況でしたが、アデーレ・バルフェットがステルス障壁の存在に気付き、策を講じた。
それは三征西班牙の上部に回り、天井を使って一回転してサンマルティンの背後に回り、ホライゾン・アリアダストの悲嘆の怠惰による砲撃を放ついうもの。
ミリアム・ポークウと東もなんとか和解しています。どうやらこちらはSEXの本当の意味を理解したらしい。誰に教えられたのか。二代も誰かに教えられる時が来るのだろうか。真実を知った時はかなりショックだろうけど。
ファナは嫌気の怠惰でこれに応戦するが押し切られ、他のメンバーも加わって迎撃に当たる。
同じ大罪武装で威力が違うのは、本来の所有者であるホライゾンが使っているからかなのか、それとも単純に攻撃力では悲嘆の怠惰の方が大出力だからなのか。
押し返されてきたホライゾンはトゥーサン・ネシンバラから送られてきた拒絶の強欲を使うことになりました。
拒絶の強欲を使うには魂の駆動が必要となり、それはホライゾンの感情に大きく影響をもたらしてしまう。
強欲となるのだから、色々と葵・トーリに迷惑を掛けることになる可能性があるも、トーリはそれをもちろん受け入れます。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終回)「境渡りの欲深き者達」"

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2012年9月23日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第12話「居場所の刃傷持ち」

立花・宗茂とSEXした中だと言い出した本田・二代に激しいショックを受ける立花・誾。
生中継されただの、出血しただの、最後は自分が50回ぐらい刺し貫いただの言い出した二代に、誾は夫の恥辱を晴らすと悲壮な表情を浮かべながらも戦闘開始。
誰か一日も早くこの娘に真実を教えてやってくれ。

野球部のペデロ・バルデスとフローレス・バルデスと戦うネンジ。
消える燃える魔球に苦戦しながらも、鉄板を腹に隠して初撃を耐え、その後も攻撃を受けながらも、消える魔球の正体を見破り、拳で打ち返すことに成功。
フローレスの画面に向かった玉はペデロが素手でキャッチして止める。
ネンジも打ち返した事で拳を痛め、ペデロも素手で玉を受け止めた事で戦争続行不能となって撤収。

敵の砲撃を削ろうと放った浅間・智の攻撃は砲台ではなく、敵艦に直撃。しかも不発かと思いきや、その中に入っていたインキュバスの伊藤・健児とスライムのネンジが送り込まれました。
何やら艦が大変な事になっていたみたいだけど、一体何をしたのか。
この二人が戦闘に参加するのは初めて見た気がするな。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第12話「居場所の刃傷持ち」"

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2012年9月16日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第11話「花畑の合格者」

傷有りの幽閉されている倫敦塔へと向かう点蔵・クロスユナイトは、行く手を阻むために現れたウオルター・ローリーの攻撃をかいくぐり、背中に掠り傷を負いながらも突破に成功。
意外とあっさりと突破して見せたな。

マルガ・ナルゼはペンで描いた模様でロバート・ダッドリーの攻撃を跳ね返し、最終的にはダッドリーの最後の一斉射撃を完成させた漫画のページで跳ね返して一応は勝利。
葵・喜美はウイリアム・セシルの加重攻撃がどれほど強力にされても全てを無効化させて、逆に相手に加重を駆けて勝負に打ち勝ちかった。
ダッドリーたちの目的はナルゼたちの足止めだったので、勝負は一応引き分けという事にしました。

メアリの処刑場へとたどり着いた点蔵ですが、そこに待っていたのはメアリの格好をした妖精女王エリザベス。広間の玉座にエリザベスの姿をしたメアリがいました。
が、点蔵はあっさりと二人が偽者を演じていると看破。メアリの方が僅かに胸が大きいという理由でした。
で、メアリに告白しようとした点蔵はいきなりかみまみた。
『武蔵内実況通神』では、相変わらずバカなやりとりをしてますが、本田・正純がマウスを手に入れたからなのか、初めて自力で参加出来たようだ。今までは誰かがサポートして参加していたのか。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第11話「花畑の合格者」"

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2012年9月 9日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第10話「劇場の咆哮者」

アルマダ海戦で英国軍の傭兵として三征西班牙(トレスエスパニア)と対決する武蔵。
2回の交戦を終えての3回目は、英国軍がスペイン艦隊8隻に対して火戦による打撃を与えて事実上の勝利を決める交戦。
しかしフェリペ・セグンドは爆砕術式で自軍の船を犠牲にして放ったチャフにより、武蔵の自動人形を使用不能に陥らせるという、歴史再現を利用した攻撃に転じた。
指揮を執っていたアデーレ・バルフェットはすっかりパニックに陥ってしまったものの、やってきた葵・トーリとホライゾン・アリアダストに「助けを求めればいい」と言われて冷静さを取り戻して助けを呼ぶと、シロジロ・ベルトーニとハイディ・オーゲザヴァラーがお金の力で防衛を担当、更に向井・鈴と一緒にやってきた武蔵が自動人形たちに独立プログラムでの稼働を命じた事で復旧。
とりあえず、アデーレが指揮官の器ではないので、簡単に罠にはまっちゃったようだけど、何故彼女に任せたんだろう。
しかしミサイルをレシーブで方向転換させるとか、武蔵の自動人形たちのスペック高すぎるよ。

アルマダ海戦が繰り広げられる一方で、英国本土では第2回の対戦が開始。
ネイト・ミトツダイラ vs F・ウオルシンガム
ネイトは銀鎖を使い、前回苦しめられたウオルシンガムを相手に優勢に戦い、勝利しましたが、自動人形であるウオルシンガムは走狗(マウス)が操っていたようで、首根っこを押さえたらえらく可愛らしいのが出てきました。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第10話「劇場の咆哮者」"

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2012年9月 2日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第9話「夜空の別離者」

三征西班牙(トレスエスパニア)ではアルマダ海戦を前に立花・誾が、寝たきりとなっている立花・宗茂と一時の別れをしていましたが、フェリペ・セグンド宛てに届く少女の手紙を書くファナを目撃。
もちろん、ファナ=フェリペに救われた少女だった、という事なんだろう。つまりあの事件はそれだけ昔の事だったわけだが。
ファナが正体を隠している理由は後に語られるのでしょう。

三征西班牙(トレスエスパニア)と英国のアルマダ海戦に英国の傭兵部隊としての参戦を控えた武蔵。
トマス・シェイクスピアからマクベスの呪いを受けているトゥーサン・ネシンバラは会議にも不参加。
そんな彼に浅間・智が、彼が初等部の頃に初めて書いた物語を持ってきて、葵・トーリからの「ネシンバラのほうが間違いなくイッちゃってる」という伝言を伝えた事で、吹っ切れた様子。

マルガ・ナルゼはマルゴット・ナイトに出撃しないように言われて食って掛かっていました。
自分が弱いからなのか、それとも父親の事があるからなのかと問いつめるナルゼは、自分はマルゴットのためなら盾になって死んでも良いと語る。
そんなナルゼに起こったのはマルゴットではなく、葵・喜美でした。
錐揉み状に強烈なビンタをお見舞いした喜美は、ナルゼが自分が戦闘で死んだ時はマルゴットのせいだから覚えておいてくれと言ったのと同じだと指摘し、愛を舐めるなと一喝。
ビンタ強烈すぎてもはやビンタの域を超えてるよ。
彼女の言葉で目を覚ましたナルゼは、自分がマルゴットに寄りかかっていた事に気付き、マルゴットが彼女を戦闘に加えさせなかったのは、ヴァイツ・フローレンは対等な関係でなければならないと考えていたからでした。
ようやく鬱状態から解放される兆しをみせたナルゼ。
こーゆー時に頼りになるのはやはり喜美なんだな。彼女は能力の関係もあってか、あまり戦闘に加わらない事が多い反面、こーゆーところでの出番が多いな。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第9話「夜空の別離者」"

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2012年8月26日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第8話「高所の決定者」

英国と武蔵の交渉中に現れた、三征西班牙のディエゴ・ベラスケスが立花・誾は武蔵に何故英国の重双血塗れ(ブラッデ-)メアリ殺害を理由に戦争しないのか、と言い出しました。
そこに新たに現れたのはP.A.O.M.所属A.H.R.R.S.会計の前田・利家。
M.H.R.R.も武蔵の同盟に同意出来ないとして、英国に武蔵を潰す事を提案。
P.A.Odaには八大武装が与えられていないため、御館様、つまりは織田・信長が彼ら五大頂にそれぞれ力を与えていました。
死者の軍団を扱う利家。
格好が似ているから三征西班牙の人間かと思ったら、英国に傭兵として雇われている他国の人間か。同じ死者を扱うクリストファー・ハットンともまた違う力なのか。

更にそこにやってきたのは下半身丸出しの葵・トーリでした。
当然のように登場早々に騒ぎを引き起こして、浅間・智やホライゾン・アリアダストの武器所有問題まで持ち上がったり。
登場するだけで必ず何か騒ぎを引き起こすな。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第8話「高所の決定者」"

| | コメント (1) | トラックバック (7)

2012年8月19日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第7話「広間の語り部」

傷有りの正体はエリザベス女王の双子の妹。
重双血塗れ(ダブル・ブラッディ)メアリを襲名した彼女は、処刑される運命にあった。
表向きの処刑はされても、実際には助けられるというメアリに安堵した点蔵・クロスユナイトでしたが、向井・鈴が行かせてはダメだと通信してきた。
偶然処刑所に落下した鈴とアデーレ・バルフェット、二人を追い掛けてきた本田・二代は、処刑場が改造されていて、処刑によって粒体に分解されてエクスカリバー・カリバーンの強化に用いられる
それを知った点蔵はメアリを追い掛けるも、ウオルター・ローリーによって斬りつけられてしまう。
駆けつけてきた葵・トーリたちに、エリザベス女王は今夜オックスフォードで本当の祭りを行うと宣言。
メアリ関係の話はここで一時中断なわけですが、どうやってメアリを救出することになるのか。
メアリを処刑させないと英国側の歴史再現を邪魔させる事になるので、処刑当日に助け出すことになるのか。

今回の相対戦で英国は聖連に対して武蔵確保の行動はとった言い訳が可能になり、武蔵は英国と同等の戦力であると示す事が可能となった。しかし英国としては英国と同等の戦力である武蔵は他国にとって脅威となるため、武蔵を「保護」すると主張する。
武蔵が脅威云々はあくまで建前なんでしょうが。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第7話「広間の語り部」"

| | コメント (1) | トラックバック (7)

境界線上のホライゾンⅡ 第6話「広場の男女」

3年梅組と女王の盾符(トランプ)の相対戦
一人でも相対に負ければ、葵・トーリとの相対を許す事になり、トーリとホライゾン・アリアダストのデートを邪魔することになるため、みんなが二人を守るために戦い続ける。

点蔵・クロスユナイトは傷有りに倫敦塔へと案内されていました。
重双血塗れ(ダブル・ブラッディ)メアリが処刑を待つ倫敦塔。
エリザベス女王の母でもあるアン王妃の例が出る
ヘンリー八世の書斎に案内される点蔵ですが、そこには公主隠しの『二境紋』が残されていました。
それにしてもやたらと傷有りに尻ばかり見てる。ま、気持ちは判らなくもないが。
でも公主隠しについては結局何か解ったわけでもなく、英国でも犠牲者が出ているという情報が解っただけ。

トーリは葵・喜美からデート用のマニュアルという名のメモを持たされてました。
 1.急所は常にバードしてなきゃ駄目Yo!
 2.押すところは押すのよ!オッパイじゃないわ!
 3.引くところは引くのよ!オッパイじゃないわ!
 4.2と3が曖昧で解らないけど、無理言っちゃ駄目よ!
 5.大体いい感じと思ったら手を取って語ってみれば?
 ⑥.いいスイーツの店を見つけたら姉に報告
 7.いい雰囲気作ったら肩を抱いてチュー
などなど6番にだけ丸を付けてるし。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第6話「広場の男女」"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2012年7月29日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第4話「劇場の支配者」

聖譜歴1648年5月20日 英国・第四階層海岸で学園祭の前夜祭モドキの会議というか飲み会が開かれました。
ネイト・ミトツダイラは大の肉好きで、まず大量の野菜を一瞬で食した後は、肉パーティ。
ホライゾン・アリアダストと葵・トーリに「あーん」餌付けされてて、本田・正純だけがノリについていけてない。
これも獣人としての特性か何かなのかな?

点蔵・クロスユナイトは相変わらず傷有りとラブラブ状態。
スカーフを付けたままで食事するという不思議技を披露してる。
食事中もオリオトライ・真喜子らのパシリにされてますが、本人はあまり苦にしていない様子。
傷有りに仕えていたミルトンはヤタガラスで、本来は熊野系神社の走狗(マウス)で労働奉仕しているはずが、何故か逃げ出して英国に来ていたらしい。
浅間・智にばれて逃げ出したけど撃ち落とされてるし。

神隠しと二境紋の問題は英国でも起きて調査をしているようで、それには花園(アヴァロン)という場所が関与しているとの事。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第4話「劇場の支配者」"

| | コメント (1) | トラックバック (10)

2012年7月22日 (日)

境界線上のホライゾンⅡ 第3話「土上の下り者」

ホライゾン・アリアダストに会いに補給艦へやって来た葵・トーリは本田・二代に妨害されたものの、めげずに海から全裸でホライゾンの部屋に到達。
また脱いだのか。濡れた服はどこへ置いてきたのやら。
目覚めたホライゾンにいきなり金的攻撃。ワカメアーマーで耐えたかと思ったものの、すぐにワカメ外されて二撃目で撃沈。
全裸で走り回ってお腹が冷えたらどうするのか、てそれ以上に酷いことになってるからね。金的攻撃は本気で声も出ないほど辛いから。アレは下手すれば玉が潰れて使い物にならなくなる事もあるので……
てか、パンチのダメージを吸収するワカメってどんなだ?
本田・正純、二代、ネイト・ミトツダイラが騒ぎを駆けつけたものの、ホライゾンは何事も無かったように寝てしまった。

点蔵・クロスユナイトは傷有りと再会。
トーリの指示で二人で行動することになりました。

立花・宗茂の看病をしていた立花・誾は、髭を剃ろうとしていたものの、手にしているカミソリが巨大すぎて端からみたら命を奪おうとしているようにしか見えない。
フェリペ・セグンドが勘違いして止めに入ったものの、むしろ死ぬところだったよ。
宗茂という名を持つ者は羽柴に売られる運命にあるようで、宗茂の襲名が解除されたのもファナが名前を高く売れるという考えを持っていたからのようだ。
名前を取り戻すと、羽柴に行く事になってしまうのか。

続きを読む "境界線上のホライゾンⅡ 第3話「土上の下り者」"

| | コメント (0) | トラックバック (10)

その他のカテゴリー

Aチャンネル | BLOOD | BTOOOM! | DOG DAYS -ドッグデイズ- | TARI TARI | TIGER & BUNNY | To LOVEる -とらぶる- | WORKING!! | あそびにいくヨ! | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | げんしけん | ささみさん@がんばらない | さよなら絶望先生 | そふてにっ | たまこまーけっと | たまゆら | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | まりあ†ほりっく | みなみけ | めだかボックス | アクエリオン | アニメ・コミック | アマガミ | エウレカセブン | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | サーバント×サービス | スーパーヒーロータイム | セキレイ | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | テガミバチ | デビルサバイバー | デュラララ!! | バスカッシュ!-BASQUASH!- | フォトカノ | フリージング | ベン・トー | マリア様がみてる | ロザリオとバンパイア | 一騎当千 | 乃木坂春香の秘密 | 侵略!イカ娘 | 刀語 | 化物語 | 咲-Saki- | 境界線上のホライゾン | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD | 宙のまにまに | 映画・テレビ | 涼宮ハルヒの憂鬱  | 狼と香辛料 | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ | 百花繚乱 サムライガールズ | 真・恋姫†無双 | 真剣で私に恋しなさい! | 神のみぞ知るセカイ | 神様ドォルズ | 聖痕のクェイサー | 聖闘士星矢Ω | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 薄桜鬼 | 輪るピングドラム | 閃乱カグラ | 音楽 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア