黄昏乙女×アムネジア

2012年6月25日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 十二ノ怪(最終回)「黄昏乙女」

雪の積もるある日、旧校舎にある怪異調査部の部室が立ち入り禁止になっていたと大慌てでやってきた小此木ももえでしたが、新谷貞一と庚霧江は既に周知の事実でした。
人に伝わるよりも先に、紫子から連絡が入るのだね。
それにしても本当にももえの格好はスゴイな。
部室の地下から女性の遺体が発見されたという噂も広がっており、ももえはそれが旧校舎を建てる時に人柱にされた人物ではないかと推測。
更に貞一が会話している庚夕子という事まであててみせました。
夕子が貞一を見えなくなった時に、怪異調査部日誌で会話をしていた時のメモが残っていて、ももえに見られてしまってました。
見られてしまう事を念頭に置いてなかったのか。かなりこっ恥ずかしいな。
しかしももえは情報収集力も推理力も地味に高いんだよね。

夕子の遺体が見付かってから、検死が行われて、葬儀も執り行われました。
祠は移転して祭りなおし、浅葱の作った楓坂にあった夕子の墓は庚家の墓へと移し、地下道は埋めて部室は物置へと戻す。
相変わらず骸骨を人に見られるのを恥ずかしいという夕子の感覚は貞一も霧江も理解不能なようです。
白骨死体が夕子であることは当事者たちは知っているけど、夕子であるという裏付けが必要だから検死とかも必要だったのかな。
そういえば、霧江と貞一から話を聞かされて真実を知り、夕子も影夕子と一つになったことで、紫子には夕子が見えるようになったのだろうか?
夕子はこれまで庚家の墓に入れられていなかったんだね。夕子が影夕子になってるのを知っていたから、夕子が恨んでいると思って墓に入れられなかったのだろうか。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 十二ノ怪(最終回)「黄昏乙女」"

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2012年6月18日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 十一ノ怪「紅涙乙女」

影夕子を通じて庚夕子の過去の記憶を見た新谷貞一。
意識を取り戻すと現実世界ではほんの僅かな時間しか経過していなかった。
しかし貞一に触れた夕子は、貞一が夕子の過去の記憶を知った事に気付くと、貞一の存在が見えなくなってしまった。
話を聞いた庚霧江は、貞一が過去を見たことで、彼にも過去の記憶がコピーされてしまったのが原因であり、貞一自身が影夕子と同等の存在となってしまったのだろうと分析する。
貞一を見たいと思いながらも、貞一に過去の記憶があると気付いてしまったことで、見えなくなってしまったのは、過去や憎悪を思い出したくないという気持ちの方が強いからか。

誰も自分を見る事も触れることも出来ない。
嘆く夕子に話しかける貞一の声は届かず、触れると夕子に過去の記憶が見えて怯えてしまう。
相互認識できる相手として霧江がいるんだけど、元々霧江は積極的に関与していないから彼女だけではダメなのかな。
貞一の代わりには誰もなれない、というのもあるのでしょうけど。

自分が幽霊になったみたいだと感じる貞一は、やがて夕子は自分の事を忘れてしまうかもしれないと感じる。
だが自分が夕子を苦しめるなら近づくべきではない、と口にした貞一に霧江は相手のために身をひくなんて嘘であり、ただ自分が怖じ気づいているだけだと指摘する。
人に見えないからと言ってイチャイチャするのも嫌だが、二人がいじいじしているのはもっと嫌だと批判する。
アレだけ色々な事を解決してきた二人が簡単に別れるな、と涙ながらに訴えかける。
ホントにつくづく貞一がヘタレで霧江も苦労が絶えないよね。こんなのに惚れた霧江はももえと違って、夕子が見えるから余計にもどかしいんだろう。
結局今まで貞一がしていたのは、夕子が影夕子から目を逸らす手伝いをしていただけで、根本的な解決にはなってないのだからね。
それにしても、霧江のオーバーアクションがスゴイ気になった。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 十一ノ怪「紅涙乙女」"

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2012年6月11日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 十ノ怪「喪失乙女」

新谷貞一は影夕子を通じて庚夕子の捨てた過去の記憶を覗く事になる。
何故かいきなり夕子の着替えシーンからスタート。
夕子の視点で全てを見ることになるため、夕子の感じた感覚もそのまま貞一にフィードバックされる仕組み。何故か貞一の姿が子供になってるけど。
夕子の妹、庚紫子は夕子が少女のお見舞いに行こうとしていることに対して、夕子まで疫病にかかってしまっては、と心配するも、夕子は村が大変な時期だからこそみんなが協力しなければいけないと強く当たる。
紫子は霧江の祖母だけあって、夕子より更に霧江に似ている。

村は疫病が蔓延して、一家全員が亡くなる家も少なくなかった。
風邪で寝込んでいるアサちゃんだが、彼女の家族もみんな疫病で亡くなっていたため、自分が疫病だと信じて疑わない。
夕子はアサちゃんを励ましつつ、自分が身につけている鈴の一つをお揃いとして差し出す。
しかし昔の田舎の村で疫病が蔓延していて、疫病以外の病気になっても、周囲からは疫病扱いされてもおかしくないので、夕子だけが彼女の世話をしてくれていたのかな。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 十ノ怪「喪失乙女」"

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2012年6月 4日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 九ノ怪「怨念乙女」

新谷貞一に関する記憶を取り戻した庚夕子でしたが、その夕子は今まで異常にべったりになり、更には小此木ももえや庚霧江に対する嫉妬心も露わにして、怒ったり泣いたりするようになった。
しかし貞一は完全に大きな声で独り言をしゃべってる危ない人ですよね。
夕子の言うとおり、影が薄すぎて周りの人は気にしてないのか……ステルス貞一の独壇場っす!

影夕子を目撃した霧江は夕子の切り離された感情や記憶が影夕子に押しつけられているという結論に達する。
そして記憶を取り戻した夕子も、自分の過去に迫る部分である『呪い石』や『影夕子』に関する記憶を切り離したままでした。
完全に元通りではないのだね。負の感情が入ってきたのは影夕子の仕業なのか、偶然の産物なのか、貞一を受け入れるにはやむを得ない事だったのか。

自爆霊であるためか、誠教学園の敷地からは出る事の出来ない夕子。
貞一が帰宅してしまって寂しさを募らせていた夕子の前に現れた影夕子をあくまでも拒絶する夕子に、迫る影夕子。
影夕子から流れ込んでいた記憶の断片から見ても、夕子が人柱にされたのはほぼ間違いないようだね。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 九ノ怪「怨念乙女」"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2012年5月28日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 八ノ怪「追憶乙女」

「はじめまして、貞一君。
 それとさようなら貞一君。
 もう私と会わないで」

自分を苦しめる人だから忘れた筈であり、もう会わないで欲しいと告げる。
嫉妬を自覚したことにより、新谷貞一に関する記憶を切り離してしまった庚夕子は貞一を拒絶する。
性格も明るい夕子ではなく、無感動な夕子。
前回に霧江が夕子は貞一に関する事以外は無感情だと言っていたように、貞一に関する部分が無くなったので感情表現をしなくなったのだろう。

話を聞いた庚霧江は夕子が記憶を切り離していた事を確信。
一種の健忘、特定記憶が欠落……「アムネジア」だと語る。
夕子の天真爛漫さは過去の記憶を切り捨てている。人間は過去の経験によって人格や行動が形成されているため、過去の嫌な経験を全て捨てる事ができたら、夕子のようなお気楽な性格になるのかもしれない。
今の夕子は既に貞一の知っている夕子ではないかもしれない。
ようするに嫌な経験などを積んでいない幼児などと同じ無邪気さということだな。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 八ノ怪「追憶乙女」"

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2012年5月21日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 七ノ怪「忘却乙女」

夜中に誰もいないのに鳴る音楽室のピアノの怪談。
新谷貞一は小此木ももえの前でその原因となる悪霊を祓うコントを庚夕子と一緒にしてました。
悪霊払いをする貞一に好意を表すももえにに嫉妬する夕子。

謎の悪霊を目にした庚霧江は、あの悪霊の言葉を聞いてました。
「人は変わらない。
 何度でも同じことを繰り返す。
 また、繰り返した」

霧江はその正体に覚えがあるようで、眺めていたのは夕子と霧江の祖母が映っている写真。
つまりは別の存在ではなく、夕子に関連していると気付いたという事。

やたらとベタベタして貞一と一緒に居続ける夕子。
その様子はいつも通りのようで何か不自然。
貞一に昼食に誘ったももえが、ヤキモチを焼いた夕子に一瞬にしてお昼を食べられた貞一に卵焼きを差し出すと、それを払い落としてしまう。
これまでも嫉妬を見せることはあったものの、それがより顕著なものになってる。
単純にヤキモチだけではなく、ようやく自分を見つけたくれた貞一が自分の事を忘れてしまう事に恐怖心を抱いてるのかもしれないな。

そんな夕子の様子を霧江に相談した貞一。
霧江は忘れていたものの、アカヒトさんの怪談で人の持つ憎悪の部分を見る事で再び現れた幽霊。
霧江はその幽霊を「影夕子」と命名。
恨みや憎しみ、怒りと悲しみを体現したかのような影夕子。
夕子本人とは真逆の存在。夕子は本気で怒った事がない。
夕子が感情を見せるのは貞一に関する事のみで、それ以外では不自然なほどに感情を見せない。
そこで霧江が考察したのは、自分の全ての負の感情を押し付けたもう1人の夕子を生み出して押しつけて産み出して自分を守っている。
この分身を切り離している限り、夕子が記憶を取り戻すことはない。
しかし負の感情の塊の割に、実際には悪霊のように他人を傷つけたりという事はあまりしていないみたいだな。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 七ノ怪「忘却乙女」"

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2012年5月14日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 六ノ怪「復讐乙女」

・怪人アカヒトさんの噂
遅くまで残っている生徒を捕まえて、身体中の血を抜き取られて殺される。
体が血で真っ赤になっているためアカヒトさんと呼ばれる。
たった一つ、助かる方法が……それは生け贄を差し出すこと。
放課後も1人で残り、校内を彷徨う夕子さんを。

学園祭二日目。
盛況だった初日と打って変わって客足が激減。
そこに夕子さんに会いたいという理由で1人の女生徒が訊ねてきました。
夕子に会えたという少女でしたが、本当は夕子を見ていない。
少女が見ていたのは部屋の中の姿見鏡だけ。夕子が見えなかったという事は、この娘は口とは裏腹に幽霊なんて信じていないという事なんだね。
そして少女の名前もユウコだった。

小此木ももえによると、本当のアカヒトさんは人身御供の伝説に登場する神様の遣いの名前
土地の災いは神様の怒りの表れであると言われていたため、神の使いである銅人が村人を1人選んで神の下へと連れて行った。
それが本当の伝承で、今の噂は伝承が捻じ曲げられているもの。
それにしてもももえの情報収集能力の高さは凄いな。この娘の強みはおそらく噂を聞いてもそれに振り回されずにいるところなんだろうな。だから他の人のように単純に怯えたりせず、関連情報の収集にあたれるんだろう。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 六ノ怪「復讐乙女」"

| | トラックバック (2)

2012年5月 7日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 五ノ怪「憧憬乙女」

学園祭『誠教祭』で幽霊部長の庚夕子の提案でお化け屋敷をやることになった怪異調査部。
普通の人には夕子を見る事は出来ないが、見やすい状況、夕子という存在を恐ろしい物として捕らえる環境が出来れば、普段見えない人にも見えるという発想によるもののようだ。
果たしてやってきた人たちは本当に夕子が見えたみたいで怖がって逃げ帰っていますが、いったいどんな姿に見えていたのか。

夕子と新谷貞一のイチャイチャに腹を立てた庚霧江は小此木ももえを連れて部室を出て行ってしまい、何故か迷子に。
そして辿り着いたのは旧校舎の理科準備室。
「こころない人体模型」という怪談があるというももえの話を気にも止めずに入ってしまう霧江。
ビビりなんだか度胸があるんだか良く判らない娘だな。

・怪談『こころない人体模型』
旧校舎の理科準備室の人体模型には心臓が無く、心臓を探し求めて人体模型が動き回る。
見回りをしていた用務員が人体模型がない事に気付いて振り向くと、背後に人体模型がいた。そして用務員は心臓をえぐり取られて死んでいた。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 五ノ怪「憧憬乙女」"

| | トラックバック (1)

2012年4月30日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 四ノ怪「払暁乙女」

いきなり小此木ももえと庚霧江の水着シーンからスタート。
なかなか胸の大きなももえに対して、スレンダーな霧江。ももえはのっけから変態のようです。
庚夕子も水着に着替えていて、やっぱり胸が大きいので胸が小さい霧江は牛乳を飲もうかと密かに決意してる。

霧江の提案で怪異調査部の強化合宿が行われることになったようで、旧校舎の宿直室を使うことになりました。
霧江の祖母に頼めば非公式の部活ながらこんな事も可能。

テンションの高いももえでしたが、対して何故か夕子は暗く沈んでいていつものように新谷貞一に絡んできませんでした。
ももえが発見した宿直室の日誌
誰もいないのに激しく叩かれる宿直室の扉について書かれてました。

ももえは新しい水着を貞一に披露して感想を求めたものの、夕子の妨害で誤解を生んでビキニから霧江と同じ学校指定の競泳水着に着替えてしまいました。
その後もやっぱり夕子は暗いままでした。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 四ノ怪「払暁乙女」"

| | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

黄昏乙女×アムネジア 三ノ怪「昏黒乙女」

新谷貞一はラブレターかと思いきや、庚夕子の事が見えると思われる人物からの手紙で裏山へと呼び出されました。
呼び出したのは庚夕子の血縁者・庚霧江。
一緒に行けば連れて行かれる、忠告する霧江。
アバンの醜い姿の夕子と、貞一の様子を見ていたのは霧江だったようだ。

・学校怪談『神隠し』
学園が出来たばかりの頃、1人の女生徒が事故で死んだ。
彼女は理不尽な死に嘆き・怒り、学園を彷徨う幽霊となり、自分の苦しみを判って欲しくて、一緒に苦しんでくれる人間を向こう側へと連れて行く

霧江は夕子が悪霊であり、貞一は夕子に惑わされていてこのままでは神隠しに遭わされると警告する。
霧江の言葉に迷う貞一は、夕子の姿が彼女の口にするような醜い姿に見えてしまう。
最初に語っていたように、夕子は見た者の心理状態が反映されるので、霧江の言葉で夕子を疑った貞一にも夕子が悪霊のように見えてしまったのだね。

夕子という存在は学園では誰もが様々な形の怪談で耳にしていた。
その夕子という名の少女が写った写真を発見した霧江は祖母に問いただして、祖母の姉だという事を教えられる。ただし死因などの詳しいことについては祖母が口を噤んでしまったため、霧江も知らないまま。
逆に言えば夕子の姉はまだ生きているという事で、夕子本人が彼女に会いに行くとどうなるのだろうか。
それ以来、学園で夕子の姿を見えるようになった霧江は、最初は貞一と同じ美しい姿に見えていたが、敢えて触れずにいました。
すぐに夕子が幽霊だと気付いたのは制服の違いとか、夕子の写真と同じ姿だったからかな。

続きを読む "黄昏乙女×アムネジア 三ノ怪「昏黒乙女」"

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Aチャンネル | BLOOD | BTOOOM! | DOG DAYS -ドッグデイズ- | TARI TARI | TIGER & BUNNY | To LOVEる -とらぶる- | WORKING!! | あそびにいくヨ! | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | げんしけん | ささみさん@がんばらない | さよなら絶望先生 | そふてにっ | たまこまーけっと | たまゆら | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | まりあ†ほりっく | みなみけ | めだかボックス | アクエリオン | アニメ・コミック | アマガミ | エウレカセブン | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | サーバント×サービス | スーパーヒーロータイム | セキレイ | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | テガミバチ | デビルサバイバー | デュラララ!! | バスカッシュ!-BASQUASH!- | フォトカノ | フリージング | ベン・トー | マリア様がみてる | ロザリオとバンパイア | 一騎当千 | 乃木坂春香の秘密 | 侵略!イカ娘 | 刀語 | 化物語 | 咲-Saki- | 境界線上のホライゾン | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD | 宙のまにまに | 映画・テレビ | 涼宮ハルヒの憂鬱  | 狼と香辛料 | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ | 百花繚乱 サムライガールズ | 真・恋姫†無双 | 真剣で私に恋しなさい! | 神のみぞ知るセカイ | 神様ドォルズ | 聖痕のクェイサー | 聖闘士星矢Ω | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 薄桜鬼 | 輪るピングドラム | 閃乱カグラ | 音楽 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア