キルラキル

2014年3月30日 (日)

キルラキル KILL la KILL 第二十四話(最終回)「果てしなき闇の彼方に」

生徒会四天王の一人、猿投山渦は一つ星極制服を着た学生達と共に超極制服百騎馬戦陣で電波塔の破壊を目指すも、細かい生命戦維で作られたジャマーに阻まれる。
纏流子と鬼龍院皐月は鮮血と純潔を纏った状態で鬼龍院羅暁と針目縫に戦いを挑むも苦戦を強いられていた。
神羅纐纈の『絶対服従』により、極制服はもちろん流子たちの神衣まで恐れおののいて無力化してしまう。
この力を全世界に放つことにより、REVOCS社製の服は生命戦維が覚醒して全人類は服に取り込まれてしまう。
絶対服従はその文字通りで「服」だから、他のように文字を書き換えないのか。意味は服(生命戦維)を従わせるという意味みたいだけど。

服を着ないヌーディストビーチの二人、美木杉愛九郎と黄長瀬紬はDTRを合体させたフルティメット・ダブル・ネイキッド・D・T・Rにて立ち向かうも、わずか一撃で倒されてしまう。
倒された原初生命戦維を分解させ、美木杉や学生達を取り込ませることで原初生命戦維を復活させる。
ヌーディストビーチの二人はもはやただの雑魚キャラだなぁ。登場当時の黄長瀬はあんなに凄かったのに。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第二十四話(最終回)「果てしなき闇の彼方に」"

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2014年3月23日 (日)

キルラキル KILL la KILL 第二十三話「イミテイション・ゴールド」

喧嘩部特化型二つ星極制服を着た満艦飾マコの姿に、何故彼女が最初に極制服を着ているのかと伊織糸郎に抗議する蛇崩乃音や猿投山渦だが、伊織は現時点では戦力増強が最優先であり、犬牟田宝火のデータでは極制服を着ることにより最も戦闘力が向上するのがマコだったからだと説明する。
マコは999連式急急救命吸引具で巨大な敵と戦う。
その力は唖然とする四天王だが、纏一身は今まで裸のヌーディストとして戦ってきただろうと叱咤して戦うへと加わる。
彼の言葉に蟇郡苛らもマコだけには任せられないとマコに続く。
マコが一番に選ばれたのは、極制服を着たら極端にパワーアップするからなんだな。
マコの極制服も以前よりパワーアップしているから、より強くなってるんだろうか。

犬牟田宝火の調査により、片太刀バサミや縛斬は生命戦維を切断する事が可能な武器だが、強力な生命戦維であれば斬られた瞬間から回復を初めてしまう。しかし断ち斬りバサミは生命戦維を両側から同時に斬ることにより再生仕掛けた生命戦維をもう一度切断して、再生を許さないのだと判明。
このため、針目縫の腕は復活しなくなってしまった。
片太刀バサミの状態は不完全だから縫なども完全に倒すことは不可能だったのか。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第二十三話「イミテイション・ゴールド」"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年3月14日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第二十二話「唇よ、熱く君を語れ」

血塗れとなりながらも自ら神衣・純潔とのつながりを引き剥がした纏流子。
針目縫はその事に驚きながらも、片太刀バサミを投げたのは失敗で、二本とも自分のものになったと笑い、片太刀バサミによる傷もたちまち修復されていく。
満艦飾マコは流子へと鮮血を投げつける。縫が鮮血を切り裂こうとするも、鮮血は自ら二つに分かれてこれを回避すると、流子と人衣一体となった。
僕を踏み台にしたぁ!? て……ここにきてガンダムパロ。
どうでも良いけど、この時の流子はノーパンノーブラです。ま、みんな似たようなものだから良いのか。全裸でもお色気要素は感じないし。

せっかく流子のために作った純潔なのにと、攻撃を仕掛ける縫だが、流子は鮮血には鬼龍院皐月とマコの気持ちがこもっており、絶対に鮮血を脱がないと宣言する。
純潔なんて化け物より、よっぽど温かくて気持ち良いという流子に泣いて喜ぶ鮮血。
友達ごっこが気持ち悪いという縫だが、流子はマコと鮮血がただの友達という言葉で片づけられる代物ではないと告げる。
この世界は気持ち悪いものがうようよしているぐらいがちょうどいいという流子。
流子は人付き合いが苦手だから、マコのように遠慮なく踏み込んでくる相手の方がいいんだね。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第二十二話「唇よ、熱く君を語れ」"

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2014年3月 7日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第二十一話「未完成」

纏流子に神衣純潔を身につけた快楽について問いかける鬼龍院羅暁。
初めての感覚に戸惑う流子に、羅暁はそれは自分と流子のみが感じられるものだと伝える。
針目縫も同じ生命戦維と一体となっているが、体内の生命戦維が反発するため、神衣を装着することができない
だから彼女は最高の神衣を生み出すため、高次縫製師(グランクチュリエ)となった。
羅暁は今なら人間は服のために生きている、という事を理解できるはずと告げる。
縫は拒絶反応を引き起こすのか。逆に言えば、彼女に無理やり純潔を着せたりしたら自己崩壊を起こしたりするのかな。
人間で生命戦維と融合している羅暁や流子と違って、縫は生命戦維の子宮から生まれた存在だから人間よりも生命戦維に近いのかもしれない。

鳳凰丸礼から鬼龍院皐月の逃走を聞かされた羅暁は、流子に皐月の対応を任せる。
昂ぶりを抑えきれない流子は、縫に強引にキスをしてから裸の太陽丸へと向かう。
羅暁は礼にREVOCS社全社員を集結させ、計画を最終段階へと移行させようとしていた。
礼の存在が一番宙ぶらりんだよな。縫たちのように生命戦維と融合しているわけでもなく、ただ羅暁に忠実な部下だし。

人衣一体・神衣鮮血となって流子を迎え撃つ皐月。
自分たちも皐月の援護に回ろうとした四天王だが、満艦飾マコはそんな彼らに皐月からの伝言を伝えにやってきた。
そういえば揃三蔵はずっと執事服を着ているけど、彼の服はREVOCS社製ではないのかな。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第二十一話「未完成」"

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2014年2月28日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第二十話「とおく群衆を離れて」

鮮血に対して、自分と同じ生命戦維の化け物であるからもううんざりで、二度と着ないと宣言する纏流子。
満艦飾マコはそんな流子に対して、おかしい、と非難。鮮血は流子の友達であり、いつもの流子ではないと説得を試みるも、流子は今までの自分は嘘で、自分が化け物なのだと耳を貸さない。
マコの説得も通用しなくなって、いよいよ重症。鮮血に対しては「友達」だとか言ってたのに、自分が生命戦維と融合して、普通の人間じゃなかったと知った途端に自暴自棄というのはどうなんだろう。
そんな彼女の前に針目縫が現れる。
怒る相手は父親を殺した自分ではないのかと笑う。
更に鬼龍院羅暁が流子を挑発し、本能字学園で決着をつけようと誘う。
この時の縫と羅暁はカヴァーズで作った偽物か。

美木杉愛九郎は罠だと流子を止めるも、流子は美木杉が全てを知っていて内心であざ笑っていたはずだと猜疑心に捕らわれていた。
四天王は極制服を脱げば良いが、自分は一生、生命戦維と共にいるしかない。仲間殺しのために作られたのは鮮血ではなく自分なのだという流子。
鮮血を拒絶する流子に、マコはいつまでもまとわりつくと引き下がらないが、流子は彼女たちの前から去っていってしまう。
そもそもずっと鮮血と一緒にいるつもりだったのなら、それほど変わらないんだけどね。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第二十話「とおく群衆を離れて」"

| | コメント (1) | トラックバック (12)

2014年2月21日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」

上空に出現した無数のカヴァーズ。
会場にいた人々が次々と人間がカヴァーズに着させられ、満艦飾マコは人々を急いで避難させていたが、モニターに映し出された映像で纏流子が鬼龍院羅暁の死んだと思っていた娘だと知って驚く。
それに気を取られていたマコもカヴァーズの糸に捕らえられ、助けようとした蟇郡苛も一歩間に合わず、食われてしまう。
マコが喰われてしまうという事態ですが、流子はそれどころではないご様子。

心臓を抉り出されても羅暁と同じように瞬く間に回復してしまう流子。
自分の父親は纏一身であり、羅暁の娘ではないと必死に否定する流子は取り乱す。冷静さを取り戻させようとする鮮血の声も届かない彼女に、針目縫はやはり自分の目に狂いは無かったと笑う。
神衣純潔を奪われて倒された鬼龍院皐月だが、最後の力で会場に仕掛けていた爆弾を起爆させる。
明らかに以前より回復能力が増しているのは、皐月との戦いを経て、流子の中にある生命戦維が活性化したためだろうか。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」"

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2014年2月14日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第十八話「夜へ急ぐ人」

理事長・鬼龍院羅暁を迎えて開催された大文化体育祭
しかしそれは鬼龍院皐月と本能字学園が羅暁と生命戦維への反旗を翻す時だった。
彼女と戦うために、この日まで堪え忍んできた皐月。
生命繊維に食われたと思われた人々も、ヌーディストビーチの武器を解析して作った針で解放される。
羅暁を助けようとした鳳凰丸礼の攻撃を蟇郡苛が受け止めると、三つ星極制服・縛の装改で動きを封じる。
大阪での襲撃時にヌーディストビーチの対生命繊維用武器のデータも収集していたのか。
生命繊維にみんなを食わせたのも油断させるためのカモフラージュだったんだな。

突然の事態に混乱する纏流子。
美木杉愛九郎や黄長瀬紬にとっても想定外
意気込んで乗り込んできたのに、3人は流石に展開についていけてないし。
羅暁を倒すためには一ミリの疑いを与えてはならない。何よりも自分たちに負けるようでは生命戦維との戦いには勝てないと、皐月は流子やヌーディストビーチと戦ってきたのだ。
皐月は決着をつけるのであれば全てが終わった後に戦うと告げ、今は同じ目的のために共闘を伝える。
やっぱり皐月の目的は流子を鍛えることにあったんだろう。
羅暁や生命戦維は強力だから、本能字学園の生徒に負ける実力では流子もヌーディストビーチも戦力としては役に立たないしね。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第十八話「夜へ急ぐ人」"

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2014年2月 7日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第十七話「何故にお前は」

三都制圧襲学旅行を終えて本能字学園へと帰還した鬼龍院皐月は四天王に迎えられる。
皐月は理事長の鬼龍院羅暁を学園へ迎えて『大文化体育祭』の開催する事を生徒達に宣言する。
表向きの大文化体育祭が具体的にどんなものなのか教えて欲しいんだが。

鮮血を使って仲間である生命繊維を殺させるわけにはいかないという纏流子と、神衣を消し去ろうとする黄長瀬紬のにらみ合う中、満艦飾マコと鮮血が争いを収める。
裸は好きな男にしか見せてはいけないだの、風邪をひくだの、微妙に論点のズレてる一人と一着に、黄長瀬もすっかり気が抜けたみたいだ。
別に両方とも狙ってやったことではないんだろうけど。
マコは鮮血が喋るとか言ってたけど、マコには鮮血の声が聞こえてないんだよね。

黄長瀬の姉、黄長瀬絹恵は纏一身との生命繊維の実験中に命を落としてしまった。
生命繊維の実験は継続して欲しいという遺言に従い、生命繊維の研究を続けて改良の末に神衣鮮血を完成させた一身だが、鮮血は生命繊維に流子の中枢神経のDNAを組み込んで作られていた。それ故に流子のみが着て、鮮血と会話できた。
そういえば鮮血の声は流子にしか聞こえてないから、端からみると流子と鮮血の会話は一人芝居なんでかなり間抜け。
絹恵は神衣製作時に実験体となって死んだのか。
伊織糸郎が50%の生命繊維の服を作って、それを着た生徒が耐えられなかったのと同じことだな。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第十七話「何故にお前は」"

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2014年1月31日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第十六話「女はそれを我慢できない」

アバンは鮮血による怒濤の総集編(?)
早口でまくし立ててあっさり終了です。

新オープニングテーマ
『ambiguous』GARNiDELiA

オープニングが新しくなりました。

『三都制圧襲学旅行』を成功させて本能字学園へと戻る鬼龍院皐月でしたが、実は神衣・純潔の負担は大きかった。
揃三蔵は肉体への負担が増えていることから長時間の神衣圧倒は危険だと警告するも、纏流子が鮮血を纏っている以上は純潔を使うしかなかった。
実は針目縫がヘリのパイロットに変装して潜り込んでいました。
鬼龍院羅暁から皐月の襲学旅行の成果を伝えるようにとの指示を受けているとの事で、縫はまずREVOCS社へ向かうことになりました。
流子のように純潔を簡単に装着しないのは、負担が大きすぎるからか。神衣を着ている流子と戦う時だけ使うようにしているのかな。

状況も大きく変わり、美木杉愛九郎は流子に全てを説明するという約束を果たす。
流子は満艦飾マコに帰るように告げ、美木杉も話を聞けば戦いに巻き込まれると教えるも、マコは戦いには巻き込まれたくないけど流子とずっと友達だからとついて行くことにしました。
美木杉たちはいきなり前の川へダイブ。
何の躊躇もなく一緒に飛び込めるマコが流石だ。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第十六話「女はそれを我慢できない」"

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2014年1月24日 (金)

キルラキル KILL la KILL 第十五話「どうにもとまらない」

『三都制圧襲学旅行』も残るは大阪のみ。
燃える大阪の町へ黄長瀬紬と美木杉愛九郎も駆けつけ、ヌーディストビーチの本部へと帰還していた。
ヌーディストビーチのあの服は制服なのか……女性はどうしているんだろうか。紬の彼女もヌーディストビーチだったし、女性の仲間もいるはずなんだけど。

大阪を支配するのは難波金満高校生徒会長・宝多金男。
宝多は東の鬼龍院に対抗するほどの大富豪で、鬼龍院皐月とも幼稚園の頃の顔なじみでした。
人の心を支配するのは金だと主張する宝多だが、皐月は恐怖こそが人を動かすと圧倒的な力を見せつけて金に目が眩んでいた住民を退ける。
流石に金よりも命の方が大切な人たちだったようだ。
残された宝多は対本能字学園機動兵器道頓堀ロボで挑む。
極制服を身につけた生徒たちを簡単に退けた道頓堀ロボだったが、彼の攻撃は新しい三つ星極制服を装着した蟇郡苛、蛇崩乃音、犬牟田宝火によって防がれる。
そして三つ星極制服剣の装更改を身につけた猿投山渦は宝多を圧倒する。
他よりは頑張った宝多でしたが、新しい三ツ星極制服の前に完敗。これが前の三ツ星極制服ならまだここまででは無かったんだろうか。
敗れた宝多に対して、皐月は彼女が大量の戦力を投入したのは、学生だけでなく、その背後にいる存在を倒すのが目的である事を告げる。
そういやそうだったな。学生の相手だけなら、少なくとも皐月がわざわざ乗り出してくることはないだろうしな。

続きを読む "キルラキル KILL la KILL 第十五話「どうにもとまらない」"

| | コメント (0) | トラックバック (11)

その他のカテゴリー

Aチャンネル | BLOOD | BTOOOM! | DOG DAYS -ドッグデイズ- | TARI TARI | TIGER & BUNNY | To LOVEる -とらぶる- | WORKING!! | あそびにいくヨ! | きんいろモザイク | けいおん! | けんぷファー | げんしけん | ささみさん@がんばらない | さよなら絶望先生 | そふてにっ | たまこまーけっと | たまゆら | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はなまる幼稚園 | ひだまりスケッチ | まりあ†ほりっく | みなみけ | めだかボックス | アクエリオン | アニメ・コミック | アマガミ | エウレカセブン | キルラキル | ギルティクラウン | クイーンズブレイド | サーバント×サービス | スーパーヒーロータイム | セキレイ | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | テガミバチ | デビルサバイバー | デュラララ!! | バスカッシュ!-BASQUASH!- | フォトカノ | フリージング | ベン・トー | マリア様がみてる | ロザリオとバンパイア | 一騎当千 | 乃木坂春香の秘密 | 侵略!イカ娘 | 刀語 | 化物語 | 咲-Saki- | 境界線上のホライゾン | 夏のあらし! | 夏目友人帳 | 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD | 宙のまにまに | 映画・テレビ | 涼宮ハルヒの憂鬱  | 狼と香辛料 | 生徒会の一存 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ | 百花繚乱 サムライガールズ | 真・恋姫†無双 | 真剣で私に恋しなさい! | 神のみぞ知るセカイ | 神様ドォルズ | 聖痕のクェイサー | 聖闘士星矢Ω | 花咲くいろは | 荒川アンダー ザ ブリッジ | 薄桜鬼 | 輪るピングドラム | 閃乱カグラ | 音楽 | 魔法少女まどか☆マギカ | 黄昏乙女×アムネジア